世界中のビーズをいっぱい使いたい。そんなご希望かなえます。

 

 

 

Google
WWW を検索
ビーズランド内を検索

 

 

ビーズ ネットショップランキング
 
ビーズパーツ ネットショップランキング
 
天然石 ネットショップランキング
 
アクセスランキングに参加してます
よしければ、上記バナークリックして
投票してください。
 
 

 

 

 
おすすめマガジン
 

 

にゃんと口髭先生の縁起物・アムレット・お守り図鑑 ~金魚編~

にゃんと口髭先生の縁起物・アムレット・お守り図鑑

 

 

 


 
 

















   ~金魚編~ 




  金魚って、どうして金魚っていうのでしょうね。
     
  金色の金魚もいるそうだけど、普通は赤でしょ。赤魚。
     
     
  よくわからんけど、もともとフナの突然変異で黒色が抜けたのが始まりのようじゃ。
     
  したがって、真っ赤ではなくて、金色に近かったのかも知れんな。
     
  五世紀頃には、中国で飼育されていたそうじゃ。高価だったらしい、それで、金魚かな。
     
     
  高かったの?
     
     
  なんでも、「魚」は「余」と同じ発音だとか。
     
  「金魚」→「おカネがアマる」そうじゃよ。それで、縁起物。
     
     
  日本でも、高かったの?
     
     
  江戸時代は、カルチャーの時代だった。
     
  園芸も流行ったし、「鳥」「虫」などのペットも大流行。
     
  もちろん「金魚」も。
     
  ものの本によると、10両したものもおるそうじゃ。
     
  今だと、100万円か。
     
     
     
  ところで、ダイジなところ。
     
  「ネコに小判!」
     
  ぼくはお金は、いらないのだけどね。
     
     
  なんじゃ
     
     
  あのー、金魚って、オイシイの?
     
     
  また、それか。
     
  マズイっていうのが、我々の常識じゃ。
     
  ニンゲンの口に合うかどうかは、知らんが。